CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
おまけ企画
ARCHIVES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
子守唄
扇風機、稼動。
こんばんわ、金魚です。

『ラ〜〜〜〜ビンユ〜〜ゥ〜♪』

古い唄。
『ラララララ・ラララララ・ラララララ〜ラ・ラ〜ラ〜ラ〜ララ〜♪』
ってヤツね。

あれって、子守唄なんだとさ。
そんな話を、小さな子がいる友人にした。
 
「なら、唄ってみるわ」
 

母 『らーーーーーびんゆーーー♪』
子 『びー。』
 
 
子供からすれば『かあちゃん・・・どんなけソウルフルやねん・・・』と言ったところか。
| - | 22:52 | comments(9) | trackbacks(105) |
二人三脚で
コロッケ裂けてて、油まみれ。
こんばんわ、金魚です。 
 
『二人三脚で歩んで下さい』
 
結婚式のスピーチでの常套句。
二人、力をあわせて、一歩一歩。
いい言葉だと思うし、理想だとも思う。
 
、が…。
 
高校三年生。
体育祭。
二人三脚。
男女ペアで。
 
体育祭の実行委員(懐かしい響き)が、面白がったんだろうか。
180cmと135cmのペアを組みやがった。
 
戸惑う180。
 
80「…えーと…右足から…あ、繋いでるほーから…」
35「…うん」
 
115『せーの…』
 
ずざー。 
 
 
二人三脚よりも…元気がある方が担いで走れば、上手く行くんじゃないか?と思う。
| - | 23:06 | comments(4) | trackbacks(1) |
てじ
突撃。隣の家に晩ご飯。
こんばんわ、金魚です。
 
ふと思った。

最近見ないな。
てじなーにゃ。
 
 
寝ます。早寝。
| - | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
息子
割とゴールデン。
こんばんわ、金魚です。
 
飲み屋で隣の客が大声で話している。
 
男「ああ…なんで俺、こんな顔なんだか」
女「割とええ顔やと思うけど?」
男「お世辞ありがとさん。んでも、もっと、こう…金城武みたいな…」

私(金城武か…そりゃ、なってみたいわ、あんな顔)
 
自分の顔の形はもちろん、選べない。
だが、生物には『子孫に託す』という手段がある。

 
『金城武みたいな顔の女の子を探せ』……今出来ること。それが、これだ。
| - | 07:08 | comments(2) | trackbacks(1) |
弾丸コースター
終電に間に合う。俺、偉い。
こんばんわ、金魚です。
 
「…刺さった事があるわ、あたし」
 
春。
霞む空。
それを切り裂く黒い影。
 
『もう来てんのかぁ…』
しばらく眺めていた。

隣に立っていた知人がぽつりとつぶやく。

「…刺さった事があるわ、あたし」
「…え?」
「今でも、傷跡、残ってるんよねぇ…」

ジェットコースターに乗っていた時に、だそうだ。
 
「肩に、グサっと」
「大怪我?」
「35年も経つのに、いまだに嫌いやわぁ……ツバメ…」
 

その時ツバメは びよ〜ん という感じだったらしい。 びよ〜ん。
| - | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
噛み噛み
納豆、こぼす。
こんばんわ、金魚です。
 
『水溶き片栗粉』は僕にとっては早口言葉です。
 
 
シゴトイテキマス。
| - | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
ガラシャさん家にて
ブログ再開。お暇があれば、是非。
こんばんわ、金魚です。
 
今月頭の話。
 
友人夫妻二組と連れ立って、近所の花見の穴場へ。
一組には、去年の冬に産まれたばかりの赤ちゃんが。
 
泣いたら大変なのでと全員、静かに飲む。
ぼそぼそと小さな声で、楽しい話だけを。
 
ふと会話が途切れた時、子供を抱き上げつつ、友人がさらに小さい声で呟いた。
「…そのうち、コイツと酒飲む日も、来るんやろなぁ……」

もう一人が、思いついたように話す。
「そいや、ここ何年も俺、親父に触ってへんな」
「はは…俺もやわ」
「ぶはは…子供の頃以来、無いな、そんなんは」
 
そんなモンやな…。そう呟きながら、そいつは子供の髪を指で梳かす。
 
 
かと言って、触るのも、なぁ。
| - | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
春歌
ようやく、楽な日々。
こんばんわ、金魚です。
 
春。
 
ソメイヨシノではない桜が咲いている。なんて名前かは知らないが。
こんな陽気なら、外で昼ご飯だろう。昔から、そうと決まっている。
 
サンドイッチと缶コーヒー。
 
ただのツナサンドも、なにやらウマい。
缶コーヒーまで、極上の香り。
 
平和。
 
だが『平和とは、戦争と戦争の間の呼び名に過ぎない』という言葉を思い出す。

A氏「なんでお前、ここで拾ってんじゃ!」
B氏「あ!?お前の土地か!?」
 
背後から響く怒声。
 
振り返れば、野生のおじさん達が胸倉をつかみ合う。
どうやら、縄張り争いのようだ。
平和な空気も春風に霧散。


そういえば、毎朝見かける野良猫も、近ごろ生傷が絶えない。春は、色々、騒がしくなる。
| - | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
偉い人達が押し切るのか?
悪寒。風邪の予感。
こんばんわ、金魚です。

平城遷都1300年祭マスコットに市民から批判。
 
うわぁ。気味悪ぃ坊主だこと。
そりゃ、苦情もくるわ。
 
こんなんでも愛称募集中、か。
考えてみよう。
 
・『キモイ坊』
 
 
『時代を変えるのは、老人の頭では無い』ですな。
| - | 17:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
三十路ゴー
ブルハ聴きつつ、ひとり、誕生日。
こんばんわ、金魚です。 

目覚めると三十路を迎えていた。
 
今日いちにち、何かをする度にいちいち、心の中で『30代最初の〜〜』とつけている。
 
・30代最初の納豆
・30代最初の肉まん
・30代最初のコロッケ
 

おいしゅうございました。  け。
| - | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/29PAGES | >>